青汁の美肌への効果

美肌を保つためには化粧品で外からケアするとともに、食べもので内からケアすることが大切です。

肌は食べたものの栄養をもとに作られているので、いくら高価な化粧品を使っていても、ジャンクフードばかり食べていたらきれいにはなれません。

美容目的のために飲んでいる女性もいるのが青汁です。

青汁は栄養価が高く美肌によい成分が含まれています。

青汁に含まれる主な成分はビタミンC、βカロテン、カルシウム、食物繊維などです。

ビタミンCは美肌によい成分として有名ですよね。

還元力があり紫外線から肌を守ってメラニンの生成を抑制したり、できてしまったメラニンを還元してシミを薄くします。

アミノ酸と一緒に摂ることでコラーゲンの生成をサポートします。

βカロテンには抗酸化作用があり活性酸素から体を守ります。

体内で必要なだけビタミンAに変換され、皮膚の粘膜を健康に保ち乾燥肌を防ぎます。

カルシウムは骨を丈夫にする栄養素で骨粗しょう症の予防になります。

女性は更年期を迎えると骨粗しょう症のリスクが高まるので、カルシウムの摂取に気をつけましょう。

食物繊維は便通をよくします。

便秘になると肌荒れを起こした経験がある方もいると思いますが、便通がよくなることで体内がきれいになり、肌荒れの予防になります。

青汁を飲みやすくアレンジ

以前は青汁といえば苦くて飲みにくくて、健康のために無理して飲むというイメージがありましたが、最近は青汁も随分改良されて飲み易い商品が開発されてきました。

とはいえ、野菜ジュースや果物ジュースと比べるとやはり飲みづらく、続けにくいのが現実です。

では、どうしたらせっかく購入した青汁を無駄にせず、最後まで飲み続けることができるでしょうか。

いくつか方法はありますが、長く続けることを考えると、自分が飲み易いと思う味に整えるのが一番よい方法といえます。

最近ではそうしたニーズも踏まえて、青汁のパッケージや商品紹介のホームページ上でも青汁の飲み易いレシピが紹介されることが増えてきましたので、そうしたレシピを参考にするのも手です。

例えば、豆乳や牛乳と混ぜたり、蜂蜜等の糖分を追加する、などが主流でしょうか。

他にもあえて飲み易い果樹百パーセントのジュースで割ってみたり、蜂蜜を追加したあとに氷を入れて冷たくすると飲み易い方もおられます。

オーソドックスに水で割るだけだと粉っぽく感じたり、常温の水では飲みにくい場合が多いので、何か一工夫することでグッと飲みやすくなり、長く続けるのも苦ではなくなります。

今まで青汁はそのまま飲んでいた、という方はぜひ自分にあうレシピを見つけていただければと思います。